おすすめ記事 デリバリー 出店する

Uber Eats 出店条件全部まとめFAQ【20の質問にお答えします】

2月 13, 2022

Uber Eats 出店条件FAQ

こんにちは。Uber Eats 準備順調ですか?
初期費用ゼロ円とか手数料35%はご存知だと思いますが、その他諸々一挙にまとめました。

ゆりあろん

まずは上記画像スクショでお願いします。本部によくある質問を共有していただき、確認しながら全部完結にまとめてあります。

基本的には、飲食店営業許可が通っていれば、全方面対応しているのがUber Eats です。特にすでに営業中のお店ならメニューもすぐに決まると思うので、やることはWEB登録のみ。

その他、ゴースト・キッチンカー・他拠点・副業・飲食店以外などの方は確認が必要なパターンもあります。

Uber Eats 基本の出店条件

Uber Eats の出店は店舗を持ってる・すでに営業されている方なら超簡単です。

■基本条件

  • 飲食店営業許可
  • 5品以上のメニュー(トッピング)
  • 3日以上の営業

■導入費用

  • 初期費用ゼロ円
  • 固定費用ゼロ円
  • 解約違約金ゼロ円
  • クレカ手数料ゼロ円

■かかる費用

  • 販売手数料
    Uber Eats 配達 35%(税抜)
    自社配達 12%(税抜)
    テイクアウト 12%(税抜)

現在費用がかかるのは手数料のみ。売上分からの差し引きになります。もし売れなくても引かれる手数料はなにもないのが超安心ですね。

今ある食材・スタッフからはじめれば、導入リスクはゼロ%です。

>Uber Eats レストランパートナー募集
初期費用ゼロ円。WEB登録だけで出店できます。
登録方法解説記事はコチラ

ゴーストレストランなどの出店条件

少し確認が必要なのは、無店舗型のゴースレストランやキッチンカーなど他拠点の場合です。

  • ゴースト(複数店舗展開)→営業許可ひとつでOK
  • ゴースト(多拠点)→店舗ごとにUber Eats 登録
  • キッチンカー(多拠点・移動)→要確認
  • 自宅開業→営業許可あればOK
  • 週末営業→3日×4時間以上ならOK

基本的には全部OKです。が、ちょっと判断に迷う・不安がある場合はUber Eats に問い合わせを入れてみてください。

WEB登録すると、Uber Eats 側から連絡があるので、その時に全部聞いても大丈夫です。

最新サービスなので変化は早い。エリア・タイミングで情報が異なる場合があるので、直接確認するのがいちばんです。

とくに代理店もないので、全ての窓口はUber Eats 本体です。

ゆりあろん

食材ごとの出店条件

最近では飲食店以外の出店も可能になっています。

  • 飲食店
  • 食料雑貨店
  • 酒屋
  • コンビニ

未調理のお米や肉、を売れたら便利ですよね。Uber Eats 自体は対応可能なんですが、営業許可の区分が異なるのがちょっと大変。

食材によってかなり細かくわかれるので、まずはUber Eats もしくは保健所に相談。このあたりネット通販でもしっかりチェックされる部分なので、自己判断せずに早め相談がまちがいないです。

下記は通販向けの記事なんですが、営業許可については参考になるかと。
>Q.真空パックの冷凍食品を通販したい→飲食店の営業許可と商品準備

ということで以上となります。

すでに営業許可をお持ちの方は営業許可番号とメニューを準備してWEB登録へ。

今から動き出しの方は下記の記事も合わせて確認してってくださいね。

テイクアウト&デリバリー参考書籍

最新情報&より具体的な情報収集は、業界雑誌がいちばんよいです。

■ 飲食店経営 >定期購読
成功するテイクアウト&デリバリー特集。ひと通りの業界動向が掴めます。

■ 近代食堂 >定期購読
お弁当の事例がとことん90事例。全てに原価率、販売食数、購買数データ付き。

Uber Eats 出店の極意シリーズ

foodtrip_ubereat出店の極意STEP1
#01
フード注文
foodtrip_ubereats出店の極意STEP1
#02
配達パートナー
Uber Eats 出店の極意STEP3
#03
レストランパートナー

Uber Eats 出店の極意】ーUber Eats の出店にまつわるアレコレをシリーズ化しました。はじめて飲食TRYのオーナー様はぜひご一読ください。現場の声や繁盛店事例をもりもり盛り込んでます。

-おすすめ記事, デリバリー, 出店する
-,