WEB集客 おすすめ記事

【飲食店専用】超厳選ワードプレスおすすめテーマ10選※無料あり

5月 2, 2021

飲食店向けテーマBest10

自力でお洒落なホームページが作れる秀逸テーマ12個を厳選しました。

みなさん、こんなテーマが欲しいなぁと思っていませんか?

飲食オーナー

かんたん、かつ安くて高機能でお洒落なデザイン。
ぱっと作れるけど、あとから情報追加したくなったときも問題なくできる。

基本的にワードプレスで作るホームページは全部高機能なものに仕上がります。

むしろ、それを素人さんでも使いやすく8割くらいまで手入れをしてくれているのがWPテーマなんですよね。残り2割はあなたのお手持ち素材です。

全て3万円以下で購入できるテーマを集めたので価格もひとまずクリア。残る「難易度×デザイン性」を中心に紹介していきます。

ワードプレステーマの選び方のコツ【制作経験者が教える】

購入前に迷うポイントがあると思うので、説明しておきますね。

無料テーマvs有料テーマ

  • 無料テーマ
    ページ数:少なくていい
    アニメーション:不要
    デザイン性:シンプル
  • 有料テーマ
    ページ数:たくさん欲しい
    アニメーション:必要
    デザイン性:華やかに

シンプルでOKなら無料で対応可、華やかさや細やかなページ対応(問い合わせ・メニュー・アクセスなど)が欲しいなら有料テーマがおすすめ。無料だと自分で作らなければいけないところ、有料だと全てお膳立てされてるからです。

また、ふわっと浮き上がるアニメーションなど動きを出したい場合は、有料テーマが段違いに素晴らしいです。いつまでも眺めてたくなってしまうお洒落サイトが瞬殺で完成します。

有料購入前に知っておきたいこと

とはいえ、「とりあえず急ぎでホムペほしいけど、利益が出たら外注して作り直すつもり〜」な方はちょっと注意。

高品質なテーマであるほど完成度が高いので、それをベースに加工するのはプロデザイナーでもけっこうやっかいなんです。

だから、
無料テーマ(仮)でさくっと作っておく
or
有料テーマを長く使っていく

どちらかになります。

シンプル無料テーマでもWP素人さんは難しくてできないってなる可能性が非常〜に高いです。あとで買い換えるかもしれなくても「サポート付きの有料テーマ」を買っちゃったほうがいいと思ってます。

ゆりあろん

どうにか自力でと思って調べだすとほんとに膨大な時間がかかるわりに、むしろ表示されなくなったりして無限地獄なんですよ,,,。時間を買うと思ったら安いもんです。経営者のみなさんは、必要経費としてお支払いください。

では、テーマを紹介していきますね。

飲食店特化ワードプレステーマおすすめBEST10

Tree(トゥリー)

【公式サイト】Tree
【価格】25,800円(税込)
【必要写真枚数】20枚前後
【向いてる業態】全業態

飲食店テーマ最高峰。思わずスクロールしてしまいたくなるストーリーテリングなトップページ機能。どんな業態にもアレンジできる無駄のないデザインです。

トップページのいちばん上に動画挿入OK、メニュー表はフォーマットにテキストを打ち込んでいくだけ。デリバリー用ページもあるため、さささっと整ったHPが欲しいお店のみなさんにおすすめできます。

デモサイトを見ていただいて、あなたのお店の写真&テキスト差し替えをイメージしてみて、ハマりそうならコレでOKでしょう。

<制作者アドバイス>
作り込まれたテーマなので、あとでおおがかりなカスタマイズを...という方には向いていません。ぐるめサイト感覚で差し替えていくだけでハイクオリティなHPがつくれたらうれしいなぁ。という方向きです。

わたしもこちらのテーマを使って制作お手伝いさせて頂きました。カラーチェンジをしてもスタイリッシュな雰囲気そのままに仕上がります。

ゆりあろん
とことんお洒落なデザイン
メニュー作りもらっくらく
地図挿入もカンタン

詳しく見る

HAKU(はく)

【公式サイト】HAKU
【価格】29,800円(税込)
【必要写真枚数】20枚前後
【向いてる業態】和食・小料理・鍋・居酒屋・バー

洗練された和風テーマをお探しの方向け。凛とした美しさが際立つデザインが印象的なWPテーマです。どうにも野暮ったくなりがちな和風の素材たちが、がらりと垢抜けた印象に生まれ変わります。

単体商品紹介ページ(ネットショップ的な見栄え)があるので、デリバリ&テイクアウト、ECページにも誘導しやすいのが特徴。縦書き文字が使えます。

<制作者アドバイス>
写真のクオリティで仕上がりに差が出やすいテーマです。iPhoneのアプリ編集でもカメラマン依頼してもいいので、とことん素敵な写真選びをするのがおすすめです。

静寂を感じるデザイン
縦書き文字がアクセント
商品紹介もカンタン

詳しく見る

Avalon(アヴァロン)

【公式サイト】Avalon
【価格】11,980円(税込)
【必要写真枚数】20枚前後
【向いてる業態】ダイニング、バー・お酒、洋食、レストラン

スタイリッシュで都会的な雰囲気、そして記憶に焼きつくダイナミックなトップページが印象的です。

個性的なデザインとはうらはらに、各ページは誰もが直感的にわかるシンプルでわかりやすい構成になってるのが乙。魅惑的な雰囲気を演出したいお店におすすめです。

比較的写真枚数が少なくても作りやすいと思います。

<制作者アドバイス>
とにかくトップページに一球入魂。お客様に伝えたいお店のコンセプトやこだわり、たっくさんありませんか?そんなお店にぴったり。メッセージをぎゅっと詰め込んで魅惑のトップページを完成させてください。

ダイナミックな写真いっぱいTOP
シンプルなメニュー
スマホ表示もばっちり

詳しく見る

Luminous(ルミナス)

【公式サイト】Luminous
【価格】8,999円(税込)
【必要写真枚数】30~50枚前後
【向いてる業態】全業態

なめらかなアニメーションと透明感のある美しさが最高。上質さを演出するのにこの上ないWPテーマです。

サイトにもいくつか例が載ってるように、6パターンのカスタムスキン(テンプレート)が搭載されています。いろんなバリエーションでお手持ちの写真をあてはめてみたいあなたにおすすめ。

だから和風にも洋風にもハマりますよ。1万円を切る超リーズナブル価格がうれしい。

<制作者アドバイス>
ここまで紹介した3テーマとの違いは、使い回しが効くかどうかです。TOP3は少々高価ですが複数サイトに使い回しOK。こちらのテーマは使い回しNGです。

詳しく見る

MOMENTUM(モメンタム)

【公式サイト】MOMENTUM
【価格】27,000円(税込)
【必要写真枚数】30~50枚前後
【向いてる業態】全業態

「グリッドレイアウト」というお洒落な写真レイアウトを超かんたんに作れる写真を魅せるテーマです。正直このグリッドスタイルは自力実装がかなり難しく、デフォルト搭載されているテーマもあまりありません。

なので、写真はたくさん用意するとお店の個性を打ち出せるのでいいですよ。ちょっと小洒落た流行のダイニングみたいな雰囲気が半永久的に醸し出せます。

PCがちょっと得意なら、あなたのセンスを余すことなくPRできる内容です。

<ポイント>
写真を魅せるテーマは、写真が少ないとなんだか物足りない印象になりがちです。とはいえ、いったん完成させたらほとんど更新しなくてもフレッシュな印象が保てるので、最初にがんばって作り込んでおくのがおすすめ。

詳しく見る

NUMERO(ヌメロ)

【公式サイト】Numero
【価格】25,800円(税込)
【必要写真枚数】100枚前後
【向いてる業態】カフェ、キュイジーヌ、洋菓子店

インパクト勝負のお店にぴったり。唯一無二の個性派テーマです。

イメージ画像がカルチャー女子なんで想像しづらいかもですが、渾身のメニューを常時生み出す名店系レストランや、商品数がそもそも多いスイーツ店だと使いやすいと思いますよ。

とくにSNS配信等をがんばる予定のお店なら要チェック。ホームページもお洒落番長きどれるギャラリータイプで親和性ばっちりです。

<ポイント>
とにかく写真勝負。少なくとも100枚くらいは余裕で写真撮れるよ〜くらいじゃないとこのテーマを使う旨味はありません。撮影枚数少なくても見栄えがするのはTree かAvalonあたり。

詳しく見る

NEW STANDARD

【公式サイト】NEW STANDARD
【価格】29,700円(税込)
【必要写真枚数】20枚前後
【向いてる業態】食品、弁当、個人店、コーポレート

ドラッグドロップで直感的な簡単カスタマイズができるテーマ。

ここまで紹介したテーマは、システム裏側で設定しつつ別画面で変更状況をチェックしてく感じ。かたやこちらはドラッグドロップなので目視で変更ができます。つまり初心者さん向き。

少々企業サイトっぽさがあるので、デザイン性よりも見慣れた安心感を重視するお店に合っているでしょう。年齢層高めor老若男女全員来るお弁当屋さん、みたいなお店との相性が良いです。

<制作者アドバイス>
サポートが月額制の別料金となってます。まるっとおまかせプランなども選べますので伴走が欲しい方向け。唯一無料お試しできるテーマなので、まずは使ってみてください。

詳しく見る

無料:Lightning(ライトニング)

【公式サイト】Lightning
【価格】0円
【必要写真枚数】20枚前後
【向いてる業態】全業種

ワードプレス公式テーマ。無料で使えるテーマとしては最高峰。ビジネス利用特化で、欲しい機能が全部備わっています。

ひとむかし前の企業サイト的なデザインではありますが、永遠不滅の定番デザインともいえます。お店ではなくて会社用として使うのもおすすめ。

<制作者アドバイス>
機能面はとことん豊富なので言うことなし。時間をかけたいのはデザイン面です。今どきなカラーリングと写真選びにこだわれば、ガラリと垢抜けた印象に。

詳しく見る

無料:Twenty Seventeen (トゥエンティセブンティーン)

【公式サイト】TwentySeventeen
【価格】0円
【必要写真枚数】10枚前後
【向いてる業態】カフェ、洋菓子、アジアン、バー

ワードプレス公式テーマのなかでも、デザイン制の高いバージョンです。

写真がばばんっと画面いっぱいにレイアウトされるデザインです。そこまでたくさんのコンテンツはまだ用意できていないけれど、ドラマティックで印象的なデザインに仕上げたい、という場合に重宝します。

<制作者アドバイス>
制作会社の手が入っていないので一般化向けされてない&レイアウトが少々特殊なので、設定のわかりづらさは多少あります。といってもシンプルな作りなので、調べて解決できる程度です。

詳しく見る

無料ホームページテンプレート No.090

【公式サイト】無料ホームページテンプレート No.090
【価格】0円
【必要写真枚数】10枚前後
【向いてる業態】個人店

もうほんとにシンプルでいんだよね、というお店の方はこちら一択。トップ画像&ブログ記事で成り立つシンプルなHPです。

だから、「THE・企業ホームページばばん!」というより「常連様に見ていただけるようなブログを配信していきたいなぁ。」という温もり溢れる気持ちをお持ちの方はぜひ。

操作はとてもかんたんです。

<制作者アドバイス>
公式サイトへいくと他にも100種類ほどの無料テンプレートがあります。初心者さんがそのまま使えるようにカラーごとに選べるようになってます。

詳しく見る

以上10選となります。紹介した10個中4個が「TCD」という制作会社のもの。ちょっとお得情報込みで追記してきますね!

ゆりあろん

最高品質テーマ「TCD」※無料テーマ特別進呈中

飲食店向け最新テーマ「TENJIKU」登場!

Tree」「HAKU」「Avalon」「Numero」がTCD製です。

WPテーマ開発特化の会社だけあって、「この値段にしてこのクオリティ!」と感嘆の声が漏れる出来栄え。70種類以上あるシリーズ全てがまじでハイクオリティです。利用者の多い人気テーマなので、口コミが探しやすいですよ。

購入を考えている人向けに、かんたんに購入手順を記しておきますね。

TCDテーマ購入手順

  • 公式サイトにアクセス
  • 基本情報・クレカ登録
  • メールが届く
  • 購入完了!
  • テーマDL >解説記事
  • 制作開始!

そして、お得情報。もし有料購入前に不安があれば無料テーマも配布してくれてますので、手順確認がてらダウンロードしてみるといいですよ。

ブログ向けですが、普通に十分使えるので保存しときましょう。

無料TCDテーマ
最新版:Rebirth
旧版:BlogPress

せっかくなので2つGETしちゃってくださいナ。素敵なホームページを作ってください。

TCDテーマについては「WordPress最高峰テーマTCD/飲食店向けの選び方」にて、もっと詳しく紹介してます。合わせてどうぞ。

こちらもおすすめ

-WEB集客, おすすめ記事
-, ,